経営管理士試験(1)

経営管理士とは、社団法人日本経営管理協会が認定している資格の事で、日本経営管理協会が講座と試験を行い、全日本能率連盟が認定、経済産業省の管轄となる公的資格の一つです。試験の前提となる講座は、国家資格の中小企業診断士への合格を目指している部分もあり、経営管理士の業務内容もそれに近い「中小企業の経営診断、コンサルティング」となっています。

経営管理士試験は日本経営管理業界による面接審査という形で行われます。面接にて資質が十分であるとみなされた場合、日本経営管理業界認定の経営管理士として認定され、全日本能率連盟に登録されます。この面接の基準は一律に決まっているものでは無く、日本経営管理協会の判断という形で行われます。

面接審査に臨む上では幾つかの前提条件があります。まず、大前提として日本経営管理協会へ入会していることです。その上でひとつは、中小企業診断士などの通信教育講座を受講していることです。この通信講座は、日本経営管理協会が推薦する講座受講が条件となっています。
次が、公的資格の保有者という条件。これはコンサルタント関連資格ということで、中小企業診断士や認定経営コンサルタント資格などが該当するでしょう。日本経営管理協会の裁量が大きいので、場合によってはかなり離れた簿記などの資格でも当てはまるかも知れません。どの資格が前提条件として認められるかは、実際に日本経営管理協会に問い合わせてみるのが確実でしょう。




保険を誰に相談しますか。その相談結果がライフプランを見つめたものかどうかでどう保険のプランに影響されるかが決まります。甘く考えないことです。甘く考えないようにして保険の検討を見てみましょう。この保険の考えについて検討しておけば意外にいい解決をします。保険比較はネットも参考に。
生命保険について|生命保険選びネット→クリック



保険シッョプでどうやってであった保険のアドバイザーと相談をお願いするのですか。保険を考えるにあたってはこのような考え方に立って大切です。生命保険を組み立てるのはすぐにできるようなことではありません。万が一を保障するためのものなので選択に悩むのです。だから保険の専門家がいる保険ショップで気付きが得られます。
保険ショップについてならここ

保険の競争が進んだことでネット生保の割安な保険料の生命保険も営業されるようになってきました。これまでになかった保険の入り方が広がっています。ライフネット生命のような保険会社が現れその安い保険を選びましょう。-

相続対策をどうすみせるかは親族親兄弟の心情問題もあり悩ましいことです。公正証書遺言や自筆証書遺言などの効力をに訴えてうまく収まるのかは相続について決めておくことです。相続については保険の有効利用が役立ちます。相続対策について考えましょう。
相続対策について|バードレポート→クリック