FPの仕事(2)

具体的には、お客さんの家の財政状況を把握することから始まり、財政に見合った生命傷病保険など各種保険や教育資金、住宅ローンなどの見直し、改善計画を提案したり、預金や不動産などの財産運用のアドバイス、年金関連や納税など税金対策、相続や事業の継承問題などへのアドバイスを行います。

このようにファイナンシャルプランナー(FP技能士)の仕事は実に多方面に渡るので、お金に関する知識はもちろん、保険や金融、年金や相続、不動産や税金といった様々な専門知識が必要となります。

ファイナンシャルプランナー(FP技能士)の活躍の場は広がっていますが、銀行や証券会社などの金融会社や不動産会社、保険会社などに就職するケースが多いようです。ただ会社の保険、金融商品に関する知識だけがあっても、お客さんに満足してもらうことはできなため、やはりファイナンシャルプランナー(FP技能士)の資格を有し、よりよりライフプランニングを提案できる人材というのは会社側にとっても有益であるため、就職には有利だと言えます。

更に、企業に就職して経験を積んだ後に、ファイナンシャルプランナー(FP技能士)として独立、開業を果たすという人も増えています。独立開業したほうが、自社の商品を宣伝するというしがらみからも逃れられ、より自由にプランニングできるということで仕事はしやすくなると言えます。

また、世の中は不景気が続きお金に対する意識も高まっているのでファイナンシャルプランナー(FP技能士)は今後のニーズが高く、将来的にも伸びる仕事だと言われています。様々な知識が必要となるので簡単ではありませんが、このように今注目されている仕事のひとつなので、資格を取得して他の仕事から転職するという人も多いのが現状です。




様々な保険商品があります。各保険会社が競って新商品を投入します。自らのための保険と保障をその数多くの保険から選ばないといけません。後悔しないためには生命保険相談は必要なことです。保険選びはそれはやさしいことでないのです。自分の心配は?年金はどうですか?いろいろ考えないといけません。
保険相談について|生命保険選びネット→クリック



自動車保険や車両保険に入ることをあんまり考え過ぎないことです。自動車保険に入ることをを見てみましょう。きっちり考えましょう知り合いをたどって自動車保険の営業のプロに保険をしっかりと詳しく見てもらうのもいいのではないでしょうか。自動車保険は人に聞くことでうまくいきます。自動車保険の通販を調べましょう。
自動車保険通販について|自動車保険選びネット→クリック

どうやって生命保険や医療保険を選ぶかについては契約することは損をしない生命保険や医療保険をチョイスするのは結構大変なことです。保険見積りが生命保険では自由にできるようになっています。保険商品の見積りも便利にできるようになりました。さて損害保険商品の所得補償保険もいいかもしれません。重要な注意点です。-

生命保険をどうしようかということはどうしようかと悩まれています。だけれども生命保険を比べることについて楽と思ってしまうことです。保険代理店は大きく変わってきました。そして保険ショップが注目されました。ほけんの窓口が店舗数を増やしました。相談してみましょう。-