不動産業界の仕事(2)

二つ目が、建築関連や物件管理の仕事です。これは、大手の建築会社などで土地活用のアパート・マンションなどを管理運営込みで商品化している場合によく見られます。営業から建築、資産運用にマンション・ビル管理とシームレスに関連している業種になるため、実際の職種がいろいろに分かれるのが特徴でしょう。

先に述べた営業と、建設業に分類したほうが良い部分を除くと、不動産商品を企画する部門や実際の物件を管理運営する部門が主な職場となるでしょう。この部分では、土地建物に関する法令や規格、資産としての取り扱いに関する知識が有用になりますので宅建資格などがあると就職には確実に有利になるでしょう。

三つ目はいわゆる不動産屋、不動産の売買取引の仲介業者を営むというパターンです。この場合、不動産取引の仲介料として不動産価格の3〜5%+数万円を取引ごとの収益として、個人営業〜数人の中小企業を運営することになります。資産状況や取引の流れによって、一部自己保有する物件を売買することもありますが、この場合は売買差額が収益となります。ただ、実際には諸手続き費用や人件費、広告宣伝費に事務所家賃など色々費用が発生して、最終的に収入となるのはその一分になります。

このパターンに進むためには、まず宅地建物取引業としての資格と免許が必須になります。そして、ある程度以上の開業資金、運転資金が必要でしょう。なにより、取引仲介として頼ってくれるコネクションが重要であることは言うまでもありません。

敷居が低いとは言えないルートですが、事務所を自宅兼用にする、個人もしくは家族で経営するといった工夫で意外と簡単に始められるものでもあったりします。就職先としてみた場合、条件さえ満たせば他人の都合に振り回されること無く仕事ができる、自分のペースで営めるという、非常に大きなメリットを持っています。




医療保険や学資保険などは様々です。驚くほど保険商品の数は多いものです。選んだ保険種類によって保険の選択肢は変わってきます。毎年毎年各保険会社が競ったように新しい保険を発売します。どんな生命保険商品があるべきことなのでしょうか。自分の保険をそんなたくさんの保険から選びます。保険比較サイトは有益です。
保険比較についてならここ



保険に入るのは保険比較を忘れずに。こだわりをすてて生命保険の比較をやってみましょう。落ち着いて考えて検討して最終的に保険を選びましょう。それが重要です。男女によってまた年齢によってだからちゃんと保険比較。保険設計の大きな考え方をきちんと説明受けることが大切なことになります。-
生命保険を一体どんな人と相談をすることになるのでしょうか。ライフプランの悩みが残らないように済ますことについて事前に考えていれば案外うまくいきます。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPをなのってコンサルティングをする営業マンも目立ちます。コンサルティングの結果次第できちんと生命保険が組み合わされるかが決まります。FPと生命保険を考えましょう。コンサルティングは有効です。-

うまく生命保険選びができるのか、生命保険について案単に決めてしまわないことです。保険相談や掛け直すことは昔から苦労する問題です。ちゃんと後悔しないようにするために考えて考え続けていればけっこううまくいきます。みつばち保険ファームや保険クリニックなどの保険ショップの生命保険の無料相談もあることで、相談してもらうのが大切です。-