生命保険業界の仕事(1)

生命保険業界における最も最多の職種は営業職、いわゆる保険勧誘員です。生命保険に限った話ではありませんが、保険業というものは何かを作って売るわけでも、何か物品を輸送したり陳列したりするわけでもなく、「保険というシステム」に複数の人間が参加する中で、保険システム維持管理運営し、そのキャッシュフローの一部分を利益という形で吸い上げるのが仕事になります。

すなわち保険業において、利益を増すというのは自分の管理する保険に多くの人を参加させるのとほぼ同義になります。このため、保険業界においては保険勧誘員、保険営業職員こそがメインの職種となるわけです。もちろん、運営・事務処理コストを圧縮するためのシステム管理職などもありますし、人員の管理統括を行う管理職も当然必要なのですが、全体の職種割合から行くと営業職が圧倒的多数を占めることになります。

この関係上、生命保険業界で最も募集が多いのも営業職、もしくはその管理職になります。まず、生命保険の営業員に関しては、他業種からの転職でも、同じ生命保険業界内からの転職でも、新規の就職でも非常に敷居が低い職業だと言えます。

営業職全般に言える話ではありますが、こうした職種は何よりも実際に営業成績をあげられる実力があるか否かが重要であり、その他の部分は多分におまけであることが多いのです。実力があれば転職・就職してすぐに良い待遇と収入を得ることができるでしょうし、実力がなければ年数が経過してもあまり望みが無いとも言えます。




生保保険を選ぶには生命保険や損害保険のの専門家と面談して無料相談することが有効なことです。保険についてのコミュニケーションをとることで損しない生命保険を選択することがやっと可能になるのです。大切なのは保険無料相談なのです。-


生命保険の見直しは相談しなくてはいけないことも多いのです。保険ショップで保険の相談できる人に細かい相談に応じてもらうのもいいのではないかと思います。ただし生命保険を自分で選んで契約することを安易に簡単に考えないことです。生命保険の見直しは随分と苦労するのが当たり前です。-
生命保険には団体保険といわれている保険を忘れてはいけません。団体扱いの保険や団体収納の保険もあります。会社などが保険会社と提携して保険を従業員などに安く提供するのです。団体保険ないしはグループ保険と呼ばれます。支払われる給料から支払われるのが普通です。格安な保険料になっているのが普通です。保険の見直しをするのには団体保険をうまく使うことがコツです。-

充分に考えてから進めれば保険選びと保険料負担額といった問題も苦労せずに決められるのではないでしょうか。親の老後資金まで考えての保険などの生命保険、生命保険やガン保険、や定期保険障害保険それに年金保険と多くの種類目的があります。保険評判の知識があることで万が一の心配をなくしておくことは大切なことです。-