生命保険業界の仕事(2)

また、生命保険会社ごとに極端に業務内容が違うということもあまりないので、業界内での転職も簡単です。

業務内容が大いに違う可能性があるところとしては、できうる限り保険勧誘員を減らして、人件費圧縮をすることでコスト・商品価格的に有利に立ち回ろうとする「ネット生命保険」などもありますが、こういったところはそもそも求人募集自体をそれほど出さないので、就職・転職先としてはそれほど考慮に入れなくても良いと思います。

また、営業員として勤務するために必要な資格である生命保険募集人登録は、生命保険が記者への入社とセットになっていることがほとんどですので、別の場所で取得してから就職活動ということや、特定の資格がないと就職できないということがありえません。

ただ、同じ生命保険業界内で転職する場合に関しては、生命保険専門課程(ライフコンサルタント)以上の資格を取得していると有利になる、優遇措置が付く可能性は高くなります。これらの資格を取得したのを機にステップアップ転職をするというのはあり得る選択肢でしょう。

管理職としての勤務は、大体の場合その生命保険会社・営業所において長年勤務して成果をある程度出し続けているか、同等の実績を持っている人が生命保険業界内でステップアップ転職をした場合が多いようです。ただ、他業種であっても管理に関する資格を有していたり、それに匹敵する実績・実務経験を持っている人が管理職待遇で転職することはありえます。




定期保険を使っての保険見直しは随分と面倒なことなのです。後悔しないように定期保険を考えようとすると結構苦労するはずです。気楽にはできません。定期保険の検討は大切です。-


保険ってどうしたらいいのかわからないです。若いうちは保険に入らなくてもいいと思い続けてきたのですが、よく生活のことを考えるべきかなと思うことがありました。保険にはいろいろな違いがありますが、どれもみんな同じにし化見えません。そう考えると選ぶのが難しすぎて、入らないことも多いです。保険シッョブで相談。-
これまで続けてきた生命保険や医療保険を選らぶにあたって失敗しないためにはずしてはいけない視点は告知義務違反をしないかを間違えないということです。通院を続けていて医師から指摘を受けていたりそんな状況での生命保険見直しで後悔しないためには保険告知義務も検討対象です。-

どうやって自動車保険を選ぶかについてはいつも誰もが悩んで苦労します。損をしない自動車保険をチョイスするのは結構大変なことです。保険見積りが保険では自由にできるようになっています。保険商品の見積りも便利にできるようになりました。保険では保険の見積りはネットに入っていくのが大切なポイントです。-