金融業界の仕事(2)

「営業業務」は、資産運用を勧めたり、各種金融商品を紹介して勧めたりといったいわゆる「セールス営業」部分と、市場分析、証券分析などの証券アナリスト的な部分、顧客から資金を預かって実際に資産運用する部分にわかれます。金融商品や資産運用を勧める営業部門は、ある程度の金融知識のほかは、他業種にも共通する営業としての実力が重要になります。人数的には最も多くなりやすく、他業種からの転職も比較的容易です。

就職・転職先としての敷居は低いのですが、実際に高い収入を得られるかどうかは営業の実力次第です。市場分析などの部分は、分析レポートなどを顧客に提供するのが仕事となります。証券会社の利益ももちろん、多くの顧客の判断を左右するため、かなり責任重大な役割です。ここには大体、「証券アナリスト資格」を保持している事が求められるでしょう。就職後に取得を推奨される事も多いようです。また、すでに保持している場合でも2次資格や検定会員への昇格が求められるでしょう。

金融関連として就職先になることが多いのが、地方銀行、都市銀行への勤務でしょう。銀行業務は窓口業務、企業への融資関連、金融商品の運用、営業、管理に大別できます。窓口業務は大体の人がイメージする通り、預貯金の取り扱いや現金計上、各種払込などを取り扱うことになります。企業への融資は銀行として重要な判断になりますので、大体はかなりの重役が担うことになります。

そして、銀行員でも多いのが各種預金商品や金融商品の営業です。結局はお客さんにお金を預けてもらわなければ始まりませんので、銀行においても営業が重要な役割を持ちます。銀行はその性質上、中途採用よりは新卒採用を重視する傾向が有ります。転職先というよりは就職先と考えたほうがよいでしょう。

保険業界も大きくは金融業に分類されます。保険業界における職種は圧倒的に営業職が多数を占めます。この他、事務や管理部分もありますが、こちらは一般企業と大差がありませんので、準じた実務経験があれば他業種からの転職も容易でしょう。




就職した時保険の見直しはそんなイベントの時に相談することで納得の結論にたどりつけるかもしれません。躓きそうになったなら生命保険見直し相談は大切です。保険見直しはそれはやさしいことでないのです。悩むことはたくさんあります。第一生命の生命保険も検討考えましょう。-


最近子供が生まれました。子が生まれる前から考えづけたのは名前のことはもちろんとしてどんな学資保険か?ということ。ネットでどんな保険か見てみたり、公式サイトでの保険情報をよく調べ、パンフレットを貰ってきたり…と保険のことはよく分かるようになりました。学資保険はよく考えて選びましょう。保険シッョブで考えます。
大阪市での保険相談|保険ショップインフォ
http://www.hoken-shop.info/area/111/

医療保険比較を考えるのならどのような会社の人と相談を進めていくのですか。どれほどの経験をこなした人なのかは重要です。詳しい人などに細かい相談に応じてもらうのもいいのではないでしょうか。
医療保険について|保険選びnet→クリック


保険の自由化が進んだことで多様な保険の比較が容易にできます。保険料の安い生命保険も可能になってきています。保険選びは苦労するのです。気楽に考え過ぎないことです。どの保険を選ぶかの選択肢が保険見直し本舗や保険クリニックなどの保険ショップも役立ちます。-