経営コンサルタントの仕事(2)

弁護士や税理士、行政・司法書士などの場合、経営コンサルティングの中で何か手続きが必要となった場合、そのまま同じ人間が担当して行えるという利点も大きいです。このパターンでコンサルタントになるためには、自身が企業に関わる専門資格を持っていて業務を拡大するか、そうしたコンサルティング業務を行っている事務所などに就職することになります。

各種事務所への就職には、その事務所の主幹業務に関連する資格を有していることが望ましいでしょう。弁護士事務所なら弁護士資格、公認会計士事務所なら公認会計士という具合です。このパターンはどちらかというと、「事務所に勤務する中で、コンサルティングを行うこともある」というスタンスで考えておくべきでしょう。

最後が、「自分でコンサルタントを名乗る」というパターンです。基本的に独占業務が無く、経営コンサルタントと名乗ることに関しては名称独占もありませんので、コンサルタントになるだけなら今日からでも可能だと言えます。当然ながら、そう名乗って経営者に信頼されるかどうかの方が重要なので、このパターンの多くは相談しようという気にさせるだけの実績・経験が重要だと言えます。

このパターンは大体の場合、これまで企業経営をしてきて十分な業績を残している人が、その経験を活かしてコンサルティングする側に回るという例がほとんどを占めます。名称として無難で収まりがよいので経営コンサルタントを名乗っているという認識でよいでしょう。また、別の例としては著名な経済ライターがコンサルタントを名乗るといった、コラムニスト、ライターが名乗る場合も有り得ます。いずれにしてもこの場合で要求されるのは、実績と経験だと言えます。




死亡時の保障と生命保険。自分に子供ができて思うようになったのは保険の重さなんです。急に自分が死んでしまったのなら、その場合には家族の生活を維持するために生活維持できるような算段をしておかないとすぐにその日の生活にかかわってきます。十分な貯金などあるはずもないので、節約・節約と言い続けているのに。毎日そんなことを考えています。生命保険にはしっかり入っててます。住友生命の商品です。-


近くの駅の近くの商店街でも生命保険の相談をうけて窓口で販売をする対面型の保険ショップが気になるようになりました。ほけんの窓口は保険の店舗での相談はやった方がいいのです。-
生活していくうえでは悩まないといけないことは色々と様々にあります。その一つが保険についてしっかりと方針を決めることです。随分と厄介なことです。保険比較を専門家にしてもらいましょう。保険に入ることをきっちりと相応の考えを決めて臨むことです。保険に詳しいFPなどに頼んでみるのも-

保険の相談についてをどうしたらいいでしょうか。保険とどう向き合うかについて考えると色々気付くことがあるでしょう。よく考えておくべきは保険を選択し選ぶ際の基準です。保険をちゃんと選ぶのは簡単なことではないのです。生命保険の相談を適切に行いましょう-